2010年

11月

20日

11月25日

 

リサイタルをするにあたって、楽しみでもあり悩むのがプログラム。

 

毎年京都でリサイタルを開催されている

ヴァイオリニストの山本裕樹(やまもとゆうき)さんは、

バラエティ豊かでセンス溢れるヴァイオリンの王道作品を

毎回取り上げてこられましたが

今回は一人の作曲家を取り上げるプログラミング。

 

 

さぁ!! ブラームス   です。

 

 

室内楽作品の宝庫、そのどれもが至上の逸品というブラームスの作品は、

私自身も色々な場面で出会い、また再会を繰り返してきた

思い出のある作品ばかりです。

一度聴いたら忘れられないあのメロディ

え?何番のどこ??って??

まぁそれは......全体的に.......... その..なんていうか.......

 

 

 

 

そんな様々な『想い』を廻らせながら楽しむことといたしましょう!

 

 

 

と、いうことになったんでしたっけ???

裕樹さん????

 

...........

 

 

 

25日は、みなさまそれぞれの『想い』と一緒に

一晩じっくりブラームスをお楽しみいただけたらと思います。

 

 

 

 

お問い合わせ&お申し込み:エラート音楽事務所 075-751-0617

チケット取り扱い:アルティ 075-441-1414

           ローソンチケット 0570-084-005(Lコード:53109)

2010年

9月

08日

もう9月・・・・

 

ご無沙汰してます!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さぁっ!!気を取り直してまいりましょうね~~~~~(笑)

おいしいもの、ご紹介いたしますから!

 

 

 

 

←塩瀬総本家のお饅頭、どうぞ!

 

 

 

さて、9月26日に『西脇千花と3人の作曲家たち no.3』というコンサートがあります。

国分寺にある小俣さんという方のお宅で行うのですが、小俣さんは300年前の古民家を国分寺に移築されました。

お宅だけでなく、中にあるものはステキなアンティークものでいっぱいです。

そのお宅で1983年から120回以上もの音楽会を企画、開催されてこられたのです。

その並はずれた多大な貢献により、2006年には志鳥音楽賞を受賞されました。

 

 

好評により3回目のこのコンサート、今回は『映画』をテーマにお送りします。

第1部はロマン・ポランスキ監督の『戦場のピアニスト』からショパンの名曲を。

第2部は3人の作曲家、

久木山さん、当摩さん、三上さんのオリジナル作品を中心に、

皆様よく ご存知の映画音楽を彼らがシェフとなり料理いたします。

古民家での温もりあるクラシックな音、

また『映画』と『新しい響き』とのコラボレーションということで、

セピア色の香りの映画音楽が現代の作曲家の手によりどんな色に変わるのでしょうか。

とても楽しみです!

 

皆様、ぜひご来聴ください!

 

 

 

  ←先日打ち合わせと称し、お集まりいただいたときの何やら話す3人の作曲家の図

左から久木山さん(Naoshi KUKIYAMA), 当摩さん(Yasuhisa TOHMA), 三上さん(Naoko MIKAMI)

  

 

 

 

2010年

1月

06日

Happy New Year!

 

あけましておめでとうございます

本年もどうぞよろしくおねがいいたします

皆様にとって素敵な年になりますよう。。。。

 

このたび、ホームページを開設いたしました

こちらのほうも末永くお付き合いいただけたらと思います

どうぞよろしくお願いいたします

 

西脇千花